グローバル新世代関連株式ファンド
グローバル新世代関連株式ファンド(愛称:ミレニアルズ)
投資信託協会コード:47313164
商品分類:追加型投信/内外/株式
日本経済新聞掲載名:ミレニアルズ
  • お気に入り登録
  • 基準価額メール
基準日 2017年02月20日(月)
基準価額 11,411
基準価額前日比
(騰落率)
-26円(-0.23%)
純資産額 147.57億円
直近分配金(税引前) -
直近決算日 -
  • お知らせ
  • 一覧を見る
2016年04月18日

本日(4月18日)、「グローバル新世代関連株式ファンド(愛称:ミレニアルズ)」は49億4,415万1,494円で設定いたしました。お申し込みありがとうございました。

PDF [3,001KB]
2016年03月08日

2016年3月8日(火)に新ファンド「グローバル新世代関連株式ファンド(愛称:ミレニアルズ)」の届出を行いました。
当初募集期間は2016年3月24日(木)から2016年4月15日(金)、信託設定日は2016年4月18日(月)です。
ファンドの詳細ならびに販売会社はこちらをご覧ください。

PDF [3,001KB]
ファンドの特色
ファンドの特色

1

主としてわが国を含む世界の金融商品取引所上場株式(上場予定を含みます。)に投資を行い、投資信託財産の成長を目指して運用を行います。

・預託証書、上場投資信託金融商品取引所に上場されている投資信託。証券に投資することがあります。

・株式の組入比率は、原則として高位とすることを基本とします。

外貨建資産米ドルや豪ドル、ユーロなどの外貨で表示される資産。については、原則として為替ヘッジ外貨建て資産を保有する場合に、為替変動によるリスクを回避・軽減することを目的として行う取引。を行いません。

2

ポートフォリオ運用資産全体のこと。の構築にあたっては、ミレニアルズ投資テーマの関連市場の成長の恩恵を受ける企業のうち、競争優位性およびその持続可能性、経営陣の質の評価に基づき選定した質の高い銘柄群のなかから、市場価格が理論価格より割安と判断される銘柄を中心に投資を行います。

・ボトムアップ・アプローチを基本に、持続可能な競争優位性を有し、高い利益成長が期待される銘柄に厳選投資します。

※ボトムアップ・アプローチとは、企業訪問、分析を基に投資価値を見極めて投資する個別銘柄に主眼を置いた投資手法の一つです。

3

株式などの運用指図に係る権限をゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・エル・ピーに委託します。

ゴールドマン・サックス・グループのご紹介

ゴールドマン・サックスは、1869年(明治2年)創立の世界の主要な金融機関のひとつであり、世界の主要都市に拠点を有し、世界中の政府機関・企業・金融機関などに対して、資産運用業務・投資銀行業務・証券売買業務・為替商品取引など、多岐にわたる金融サービスを提供しています。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)

ゴールドマン・サックスの資産運用グループであるゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは、1988年の設立以来、世界各国の投資家に資産運用サービスを提供しており、2016年9月末現在、グループ全体で1兆1,554億米ドル(約117兆54億円、1米ドル=101.265円で換算)の資産を運用しています。
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・エル・ピーは、GSAMのニューヨーク拠点です。

GSAMのファンダメンタル株式運用グループのご紹介

グローバルに展開する8の運用およびリサーチ拠点に約90名の運用プロフェッショナルが在籍(2016年9月末時点)

運用プロセス

運用プロセス

ポートフォリオ運用資産全体のこと。の構築にあたっては、ミレニアルズ投資テーマの関連市場の成長の恩恵を受ける企業のなかから、持続可能な競争優位性があり、かつ魅力的な株価水準の銘柄に投資することで、リターン投資の結果得られる収益。の最大化を目指します。

運用プロセス

※運用プロセスは、2016年10月末時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。

銘柄選定のポイント

出所:GSAMのデータを基にアセットマネジメントOne作成

 
当ファンドの資金動向、市況動向などによっては、また、やむを得ない事情が発生した場合には、上記のような運用ができない場合があります。また、上記の内容は、今後変更となる場合があります。

閉じる

ミレニアルズの台頭
ミレニアルズ投資テーマ
ご参考:ミレニアルズ関連用語集
ページトップへ
  • 上記のグラフ・図表・数値は過去の実績・状況を示したものであり、将来の動向や当ファンド運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 基準価額・分配金再投資基準価額・分配金込み基準価額は信託報酬控除後の価額です。当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たりの価額を、それ以外のファンドについては1口あたりの価額を表示しています。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。
  • 分配金は、当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たり、それ以外のファンドについては1口当たりの、税引前の金額を表示しています。
  • 運用状況により分配金額は変動します。また、分配対象額が少額の場合には、分配を行わないことがあります。したがって、将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではありません。
  • 購入のお申込みの際は、販売会社から投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめまたは同時にお渡ししますので、必ずお受け取りになり、詳細をよくお読みいただき、投資に関してはご自身でご判断ください。また、あらかじめ交付される契約締結前交付書面など(目論見書補完書面を含む)の内容をよくお読みください。

PAGETOP