ホーム > 投資信託を学ぶ > 投資信託の仕組みを知ろう!

投資信託の仕組みを知ろう!

投資信託に関係する会社には、運用を指図する会社、運用資産を保管・管理する会社、お客さまとの窓口になる会社の3種類があります。
ここではそれぞれの役割についてみてみましょう!


投資信託の関係者

投資信託にはそれぞれ次のような関係者がいます。

投資をするお客さまである「投資者」投資する株式や債券などを決める「委託会社」運用資産を管理・保管する「受託会社」お客さまの窓口になる「販売会社」

【投資信託の仕組み】

投資信託の仕組み

投資者

投資信託を保有しているお客さまのことです。

委託会社

投資信託の運用会社のことです。投資信託の運用方法を決め、株式や債券など投資対象の売買を指図します。また、投資信託の収益分配方針に基づき、投資者に支払う分配金額を決めます。

受託会社

信託銀行(または信託業務を営む銀行)が担い、投資者から集めたファンドの資産を保管・管理しています。なお、ファンドの資産は自社の財産とは区別して保管・管理(分別管理)されています。

販売会社

お客さまとの窓口となる証券会社や銀行などのことです。ファンドの募集・販売の取り扱い、投資信託説明書投資信託の募集または売り出しの際に投資家に対して配布される書類。(目論見書)などの書面の交付、換金申込の受付などを行います。また、収益分配金や換金代金、償還金の支払いも行います。


投資信託の価格が変動する理由
投資信託の値段価格(基準価額)は原則として毎営業日変動します。基準価額は、株式や債券、為替など投資対象の価格変動の影響を受けます。

投資信託は、投資対象の価格変動の影響を受けて毎営業日変動するぞ。 投資信託の投資対象である株式や債券などは価格が変動し、それらの損益や株式の配当金や債券の利息などによる収入と合わせて基準価額に反映されます。そのため、利益があれば資産の額は増加しますが、損失があれば資産の額は減少し、場合によってはお客さまから預かった資産の合計額を下回ることもあり、その時の運用状況によって、基準価額が変動します。

前に戻る次に進む

2014年3月現在

ページトップへ

PAGETOP