FAQ
基礎編
  • Q1.
  • NISA(ニーサ)とは何ですか?
NISAとは何ですか?
  • Q2.
  • 誰でもNISAを利用できますか?
誰でもNISAを利用できますか?
  • Q3.
  • NISA口座はどこで開設できますか?
NISA口座はどこで開設できますか?
  • Q4.
  • NISA口座を開設するにはどのような手続きが必要ですか?
NISA口座を開設するにはどのような手続きが必要ですか?
  • Q5.
  • 金融機関の変更はできますか?
金融機関の変更はできますか?
  • Q6.
  • NISAを利用して何に投資できますか?
NISAを利用して何に投資できますか?
  • Q7.
  • NISAには利用限度額はありますか?
NISAには利用限度額はありますか?
  • Q8.
  • NISAで投資するといつまで配当・譲渡益が非課税となるのですか?
NISAで投資するといつまで配当・譲渡益が非課税となるのですか?
  • Q9.
  • 特定口座または一般口座で保有している株式や投資信託を、NISA口座に移管することはできますか?
特定口座または一般口座で保有している株式や投資信託を、NISA口座に移管することはできますか?
  • Q10.
  • NISA口座で保有している資産の売却はいつでも可能ですか?
NISA口座で保有している資産の売却はいつでも可能ですか?
  • Q11.
  • NISA口座で行った投資について、確定申告は必要ですか?
NISA口座で行った投資について、確定申告は必要ですか?
  • Q12.
  • NISA口座で発生した損失について、損益通算や損失の繰越控除はできますか。
NISA口座で発生した損失について、損益通算や損失の繰越控除はできますか。
NISA口座の仕組み編
  • Q13.
  • 2015年にNISA口座で投資信託を97万円分購入しました。その際、買付金額の97万円とは別に購入時手数料として3万円(消費税含む)を支払いました。この場合、買付代金と購入時手数料を合わせて100万円となるので、2015年はこれ以上NISA口座では投資はできないのでしょうか?
手数料はNISA枠に含まれるのか?
  • Q14.
  • 2015年1月にNISA口座で投資信託を100万円分購入しました。この投資信託が値上がりしたため2015年4月に全て売却しました。資産を売却したことにより非課税投資枠が復活し、またNISA口座で新たな投資をすることができるのでしょうか?
投資枠は復活するのか?
  • Q15.
  • 2015年1月にNISA口座で投資信託を100万円分購入しました。この投資信託が値下がりしてしまい2015年4月に時価で90万円となりました。時価の90万円は年間投資上限額の100万円を10万円下回っているので、あと10万円NISA口座で新たな投資をすることができるのでしょうか?
投資枠金額の考え方は?
  • Q16.
  • 2014年にNISA口座で投資信託を80万円分購入し、非課税投資枠を20万円残したまま2014年の年末を迎えました。2015年は、投資上限額100万円に前年に使用しなかった非課税投資枠20万円を加えて120万円まで投資できるのでしょうか?
投資額は持越し可能か?
  • Q17.
  • 2015年1月にNISA口座で投資信託を100万円分購入しました。同じ2015年中にこの投資信託について受け取った収益分配金はNISA口座で再投資できるのでしょうか?
分配金は限度額を超え、再投資可能か?
  • Q18.
  • 2015年4月にNISA口座で投資信託「新光スマート・アロケーション・ファンド(安定型)」を100万円分購入しました。2015年6月に投資信託「新光スマート・アロケーション・ファンド(安定成長型)」へスイッチングを行うことはできるのでしょうか?
分配金は限度額を超え、再投資可能か?
非課税期間終了後編
  • Q19.
  • 5年間の非課税期間が終了する時には、NISA口座で保有している資産をすべて売却しなければいけないのですか?
分配金は限度額を超え、再投資可能か?
  • Q20.
  • NISA口座から課税口座(特定口座や一般口座)に資産を移管した後、資産を売却した場合には資産の値上がり益に対する課税はどのようになりますか?
課税口座に移管した場合

2015年6月現在

ページトップへ

PAGETOP